ブログトップ

My Style

kohphoto.exblog.jp

文様が魅せるかさまの美

     彩陶四方壷(15.0×15.0×32.5cm)
a0130228_8442738.jpg

     彩陶香炉(10.0×10.0×15.0cm)
a0130228_8443731.jpg

     彩陶匣(23.5×23.5×32.5cm)
a0130228_8444536.jpg


日本橋三越本店での第2回目を開催する、福野道隆氏は笠間の巨匠 伊藤東彦氏に師事した陶芸家である。
独特の色鮮やかな文様は、赤絵絣文から次々と進化をし続けている。
福野氏の作品を撮影させていただいてから数年が経つが、いつもその鮮やかな文様には心を奪われる。
a0130228_8445777.jpg

今回のDMは大判サイズ(230mm×110mm)。
三つの作品を同じ雰囲気のホリゾントで。右の四方壷は背が高いので上部は暗めになっているが、すべて同じライティングで同じ条件で撮影。色を揃えるのもなかなか困難だった。

福野氏の個展情報は下記をクリック!

三越の美術には行きません...(あしからず)
[PR]
by photo-st | 2010-10-05 09:01 | 陶芸
<< ちょっと古風な七五三スタイル 彫刻による陶の表現 >>