ブログトップ

My Style

kohphoto.exblog.jp

カテゴリ:陶芸( 43 )

チラシ掲載用写真撮影

a0130228_12513656.jpg

笠間の陶の小径商店会で毎年開催される「路面喫茶」は今年で6回目。小さな街に数十軒の陶房や販売店が並ぶ唯一の場所です。

笠間の美味しい新茶を煎れて9店が参加します。開催は6月各土日。イベントとして参加工房のベテラン陶工が、長い年月をかけて追求した「私の急須づくり講座」を無料で開講(6月各日曜日)します。

めったに見ることができないこの講座は必見です。興味のある方は是非、お聞きになってみてください。
a0130228_12514618.jpg

今回は、画像上に文字を入れるための撮影をし、白い紙面に溶け込むようなイメージを表現してみました。めりはりを付けるために影も下面に落とし込んでいます。

ウェブ上でも、白い背景なら面白い雰囲気になりますね。
[PR]
by photo-st | 2010-05-09 13:04 | 陶芸

角度や背景、ライティングで変わる表情

a0130228_1725441.jpg

神奈川県横須賀市で作陶をされています、山崎善明さんのとても趣のある急須です。

DM作成用に撮影をする時には、様々な角度から眺めてこれが良いというところをみつけます。しかし時間をかけて見ていると、ここも、あそこもとついシャッターを切ってしまうのです。

最終的には、作家さんの意向をお聞きしたカットを使用するのですが、自分はこれっ!というのも提案させていただいています。で、自分の好きなカットが上の画像です。
a0130228_17251428.jpg

DMに使った画像はこちらには掲載していませんが、角度によりその作品の表情が変わってきます。

使用している背景はすべて真っ黒マットなのですが、光の当て方でご覧のようにグレーに表現することもできます。なるべく立体感が損なわれないようライティングにも気を遣っています。

でも、いろんな角度や背景によって表情が変化する陶器って奥がすっごく深いです。二度と同じものができない、ひとつひとつがオリジナル。

ほんとに素晴らしい世界です。はまったら虜になりますよ!(でも、自分は購入予算が少ないので写真で楽しませていただいてます。)

今回の作品:横須賀市 山崎善明氏
[PR]
by photo-st | 2010-04-21 17:23 | 陶芸

陶のいろいろな五月人形

a0130228_1594018.jpg

a0130228_1595232.jpg

a0130228_1510921.jpg

a0130228_1510191.jpg

a0130228_15102925.jpg

a0130228_15104158.jpg


前出の狐に続いて、お人形の紹介です。

3月初旬よりギャラリーかまげん様で開催されている「陶・五月人形展」のDM用に使わせていただいた画像の拡大判です。

上2点の作品は井上 卓氏の「しょうき様」。とにかく見入ってしまうほどの表情はとても凛々しいです。以前にも鬼六さんの撮影をさせていただきましたが、独特のものがあります。

中2点は大野敦史氏の作品。「若竹・若卯」
とても愛らしい表情はなんともいえない可愛らしさが溢れています。男らしいよろい姿は一見の価値あり。

下2点は永島君江さんの作品、「春風童子・金時」。
今年で10回を迎えた桃宴で、永島様のお雛様の撮影をさせていただいています。今年のものを含めて何人目でしょうか? 笠間焼ではあまり目にしない雰囲気をもった、とても可愛いお人形です。
焼き物とはいっても、ソフトな感じのお人形です。

三人それぞれ違ったお人形。是非、ご覧ください。

ギャラリーかまげん様で、5月5日まで開催しています。
[PR]
by photo-st | 2010-03-08 15:28 | 陶芸

かさまのお稲荷さんには狐がたくさん...

a0130228_1503488.jpg

a0130228_1504614.jpg

a0130228_1505872.jpg

a0130228_151738.jpg


笠間といえばお稲荷さん。

日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷神社が有名ですね。
その笠間稲荷には狐がたくさんいます。その狐は神様のお遣いであるとか...

笠間焼の作家さんは、花器や皿、酒器などの実用品を作っておられる方がたくさんいらっしゃいますが、中にはオブジェやお人形、動物を作っておられる方もいらっしゃいます。

上記写真の作家さんは、お雛様やこういった動物も作られています。
笠間焼もいろんな面から楽しむ事ができます。

作家:高橋協子さん
[PR]
by photo-st | 2010-02-10 14:58 | 陶芸

造形と文様の織りなす世界

a0130228_2233178.jpg

a0130228_22332767.jpg

a0130228_22334496.jpg

a0130228_22335333.jpg


栃木県益子で陶芸活動をされている島田恭子さんの作品です。

島田さんの作品の代表的な文様は「桜」。
精巧に創られた造形の中に、繊細なデザインで施された月夜の桜(さくら)の文様は、観る人の心を和ませてくれます。

私は今まで、島田さんの桜の作品を多く撮影してまいりましたが、最近ではにっぽんの「和」を感じさせる植物の文様を拝見させていただき、また違った世界を感じさせていただきました。

ここでは、その作品の造形の美しさと「和」を思わせる文様の美しさ、表と裏の対比をご覧いただきたいと思います。

作品:島田恭子氏 日本橋高島屋個展ご案内状用写真(H22.2/3~9)
[PR]
by photo-st | 2010-01-12 23:04 | 陶芸

自分流の笠間焼の愉しみ方...

a0130228_13491818.jpg

a0130228_13492748.jpg

a0130228_13493784.jpg

a0130228_13495961.jpg

a0130228_1350927.jpg

a0130228_13501738.jpg

笠間焼きと言って思い浮かべるのが、花器や酒器、お皿、どんぶり、お茶碗、湯のみ...

でも、実際には時計やお人形、動物、オブジェ...とたくさんあるのです。

そこで、自分は何が好きなのかを思い浮かべ、それをもとに探してみると、ご自分のお気に入りがきっと見つかります。


※掲載写真:回廊ギャラリー門(川口聡一氏展覧会会場)
[PR]
by photo-st | 2009-12-21 14:58 | 陶芸

笠間 回廊ギャラリー門個展会場

笠間の回廊ギャラリー門様で本日まで行われていました、飯沼耕市氏の個展会場での一コマです。

通常であれば違う場所での公開をしておりますが、今回は忙しさを理由?にここで掲載させていただきます。
a0130228_2151468.jpg

a0130228_21515655.jpg

a0130228_2152447.jpg

a0130228_21521254.jpg

a0130228_21522081.jpg

a0130228_21522820.jpg


飯沼氏の作品は会期終了後も回廊ギャラリー門様でご覧になることができます。ご興味のある方は行ってみてください。

作家:飯沼耕市氏 
個展:2009年11月21日(土)〜12月4日(金)
場所:回廊ギャラリー門
[PR]
by photo-st | 2009-12-04 22:04 | 陶芸

美しい造形の笠間花器

photo090920/DV001-tougei
a0130228_2249636.jpg

a0130228_22491548.jpg

撮影する度に意欲を掻き立てられる作品がある。

この作品もそのひとつ。
土で創られる造形的に美しい作品の撮影には、難しいものがある。究極にデザインされた色・形をどう表現するか。頭の中で試行錯誤...

よし! 決めた。これで行こう。

作家:笠間市 飯沼 耕市氏作品
[PR]
by photo-st | 2009-10-23 22:48 | 陶芸

グラマラスなマグカップはお尻もセクシー!

photo090920/DV001-tougei
a0130228_1845394.jpg

笠間焼の素敵なマグカップ。

そのマグカップはとてもグラマラスで、お尻もとってもセクシーな感じがサイコーです。
自分もこんなマグカップで大好きなコーヒーを飲むことができたら幸せです。

笠間にはたくさんの素敵な焼き物の作家さんがいらっしゃいます。ぜひ、みなさんも自分好みのセクシーちゃんを探してみてくださいね!
a0130228_18455117.jpg

a0130228_1846129.jpg


すみません(汗)
作家さんにお断りもなくセクシーだなんて失礼いたしました!

作家:笠間市 沼野 秀章さん作品
[PR]
by photo-st | 2009-09-29 18:44 | 陶芸

笠間焼 粉引の注器

photo090920/DV001-tougei
a0130228_17413821.jpg

笠間焼の粉引きの注器。いわゆるお酒を注ぐ器です。 

もうすぐ十五夜さんです。中秋の名月を愛でながら一杯。そんな時にこんな素敵な注器でお酒を注いで呑むなんて最高ですね。

笠間焼にはこの他にもお酒を呑むための徳利や杯がたくさんあります。

是非、自分用の『MY酒器』探してみては...

作家:笠間市 小野 愛さん作品
[PR]
by photo-st | 2009-09-20 17:40 | 陶芸