ブログトップ

My Style

kohphoto.exblog.jp

カテゴリ:写心( 4 )

たばこのけむりアート

たばこの煙を写してみました。なかなか幻想的です。

MONSTER(モンスター)
a0130228_1721594.jpg

TORNADO(トルネード)
a0130228_17211853.jpg

さざ波
a0130228_17213226.jpg

荒波
a0130228_17214719.jpg


a0130228_1722078.jpg

蝙蝠(コウモリ)
a0130228_17221312.jpg

えっちらしょ(方言かな?)
a0130228_17223498.jpg


こんな風に見えたら嬉しいです。
※大型ストロボにカラーフィルターをつけて撮影しています。
何故かモンスターだけ小さくなってしまった(笑)

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ



クリックのご協力をお願いいたします。

■山中写真館facebookページは山中写真館facebookページをご覧ください。
■WORKSの最新情報は、<WORKS>をご覧ください。
■身近なアート情報発信中!<個展・展覧会開催のお知らせ>をご覧ください。
※個展や展覧会、イベント等の開催情報はどなたでも掲載できますのでお気軽にご利用ください。

[PR]
by photo-st | 2012-01-15 17:30 | 写心

小中学校のスポーツ大会

a0130228_18543876.jpg

5月の中旬から8月にかけて市内の小中学校では、日頃の練習の成果を出すべく陸上大会や総合体育大会が開催されている。
明日からは3日間の日程で総合体育大会が行われるが、天候が心配だ。
a0130228_18544719.jpg

我らの茨城県も311の震災の影響をかなり受けている。

陸上競技会では、今まで使っていた会場が震災により使用不可能となり場所を変えての開催。
明日からの総合体育大会は、市内各中学校や市の運動公園、市民体育館が会場として使われる予定であったが、中学校の体育館の天井が抜けたり壁が剥がれるなどの被害で使えなくなってしまった所が多く、開催場所の変更が余儀なくされたのである。

今日は、明日の試合に立ち向かう生徒の勇姿を撮影に行った。
子供たちは、私に元気に挨拶をし明日の試合には絶対に勝つぞ!という意気込みが見えた。私も明日は頑張れよ!と声をかけた。
自分の母校でもある中学校の震災の影響は大きくはなかったが、やはり所々に傷跡が残され練習にも支障をきたされていることは確かであった。

しかし、元気に練習する子供たちの姿からは震災で大変な影響を受けたことなど微塵も感じられず、ただひたすらに練習を重ねていた。
私の娘も女子卓球部に在籍していたが、今年3月に卒業。たいした成績は残せなかったが、この中学校の生徒たちには思い入れがある。

明日から3日間、全力を出し切って頑張ってもらいたい。
自分も撮影、頑張らなくては...

にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

クリックのご協力をお願いいたします。

■身近なアート情報発信中!<個展・展覧会開催のお知らせ>をご覧ください。
個展や展覧会、イベント等の開催情報はどなたでも掲載できますのでお気軽にご利用ください。

[PR]
by photo-st | 2011-06-20 19:27 | 写心

携帯電話の写真は印刷に使えるか?

a0130228_17512489.jpg

以前に携帯電話で写した写真でDMが作れるかどうか、という質問がありました。※陶器の写真はこちら

そこで、陶器の撮影時にテストを兼ねて携帯電話で撮影をしてみました。結果はご覧の写真です。
今回使用した携帯電話の機種は「N-06A」。写真画像には良い評判の少ない機種です。カメラの総画素数は810万画素。約1年前の機種を数千円で購入したのですが、携帯電話でこの数値、凄いですね!

現在では1000万画素を超える機種もざらにありますが。本当に必要な機能なのか疑問にも思える部分もありますが、これによって万が一デジカメを持っていなかった時の助っ人には十分なり得るのかも知れません。
a0130228_17515891.jpg

で、印刷に使うのであれば良い画像を生成する必要が生じます。

そこで、カメラの設定を行います。(以下は「N-06A」での解説です。)

まずは携帯をコミュニケーションスタイルにして、メニューボタンをぽち。「LifeKit」なるメニューを選択して4番の「カメラ」を選択。続いて2番の「フォトモード」へ。いや〜とっても面倒ですね。年とって老眼になってしまった自分には辛い作業です。携帯なんて電話をかける受けるができれば良いのではないでしょうか? 他の機能なんていらないんですが...。

それでもって、カメラモード切り替えボタンで一枚撮りの設定をし、一番大きく撮影できるサイズへ変更。この携帯の解像度は2487pixel×3264pixel。なんとでかい! 続いて画質を一番良くするスーパーファインへ。ホワイトバランスや露出補正まで付いている。 

いやはやとんでもない時代ですね...
a0130228_1752877.jpg

ということで、構図を決めながら撮影。その後パソコンへ取り込んで、画像処理ソフトでトリミング。

実際にトリミングしてみるとDMに使うには、程よいサイズ。ほんと使えちゃいますね!
びっくりです。但し、このサイズは普通の写真サイズより縦位置の場合は上下、横位置の場合は左右が使えなくなってしまうことがあるので、あまりでかく写さないような注意が必要。

自分の評価としては、よりカメラ機能に特化した「サイバーショット携帯」や「エクシリム携帯」、以前使っていて良かった「SHの携帯」は画像ももっと良いと思います。要はライティングと構図が大きく左右するでしょう。また、手ブレにも注意をすれば言うことなしでしょう。

以前には「SH901ic」なる200万画素の機種で撮影した画像を現在使っている名刺に印刷しています。実際には、200万画素機であればはがきの半分くらいで使用可能。それ以上あれば、もっと大きく使うことができます。(一番上の画像、ぼけ具合がとても奇麗です。なんか携帯電話カメラに惹かれそうな気がします。)

是非、携帯電話のカメラ機能で素敵な写真、写してみましょう。

※でも、最近の携帯電話の機能には驚くものがたくさんありますね。こんな年になって、通話する受けるからスケジュール管理やら訳の分からないWiFi機能、iアプリなど説明書を読んで使ってみたい気持ちにさせられています。パケット代などが高くなるといけないので、ほどほどにしますが...
[PR]
by photo-st | 2010-05-21 18:35 | 写心

『産土神—宮後』陶竜会の面々

『産土神—宮後』写真とワークショップ展


産土神(うぶすながみ)は生まれた土地を領有、守護する神。あるいは本貫(先祖の発祥地)に祀られている神。単に産土とも言う。日本人の郷土意識と強く結びついた信仰。もとは氏神や鎮守神とは別の性格を持っていたものと思われるが、近世以降は同一視される場合も少なくない。

自分が長年生きてきた地元をこよなく愛し、年輪を重ねてきたお年寄りの思いを土面に託した。
写真は、その思いとお年寄り本人とを透かし合わせて作成。そのお年寄りの人生観を感じ取ってほしい。

また、その土面たちからは暖かみを感じたり今の世相を思わせたりと、不思議空間へと導いてくれる。新しい写真と陶のコラボレーション。是非、現地にてお愉しみください。
a0130228_15181046.jpg

a0130228_15182076.jpg

a0130228_151830100.jpg

a0130228_15184043.jpg

a0130228_15185092.jpg

a0130228_1519066.jpg

a0130228_1519839.jpg

a0130228_15191685.jpg

a0130228_15192590.jpg

a0130228_15193285.jpg

a0130228_15193974.jpg

a0130228_15194817.jpg

a0130228_1520215.jpg



出町光識『産土神—宮後』写真とワークショップ展
2009.12/2~12 目白 GALLERY FUURO

[PR]
by photo-st | 2009-12-02 15:48 | 写心