ブログトップ

My Style

kohphoto.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

飯沼 耕市氏の魅力的な「あお」の器

飯沼 耕市さんの個展用ご案内状の作品をご紹介します。

飯沼 耕市 作陶展 -「あお」の器ー
2014年6月19日(木)ー6月25日(水)
最終日は午後5時閉廊
京成百貨店6階アートギャラリー2
会期中作家来廊

「青・葵・蒼・碧・藍・紺・紫紺・紺碧」色々なあおを、
全体・部分的に使って作品を制作致しました。
a0130228_14175082.jpg
a0130228_14173937.jpg

a0130228_1418386.jpg


毎回、個展には新作を発表する飯沼さんは研究熱心な作家さんのひとりです。
今回の作品を目にしたときは、テーマにしている「あお」が写真でうまく表現できるかが心配でした。
器に対しダイレクトに光を中てると、単調な写真になってしまい折角のフォルムが活きてきません。では後ろから。ほう、これはおもしろい!とばかりにシャッターを切る。
あっ!フロントが暗すぎる。それではとフロントから生光をつけ加えて良しとする。(自分なりに...)

いつも陶器の撮影をするときは、その作品を全体的に見て、見た目の高さや角度を見極めます。また、特に魅せたい部分なども探します。作家さんとも話をしながら決めることもありますが、自分の主張も取り入れています。
今回も、作家さんからは黒のホリゾントで。という依頼があり、黒もシックで落ち着きがあり良いのですが、ここは天邪鬼の私、「白のホリゾントで「あお」をより綺麗にかつインパクトのある角度でフォルムを活かす」をテーマに切り替えて撮影。
最終的に、ご案内状に使用した写真は白ホリゾントに決定しました。

でも、白ホリゾントとは言ってもこの背景、他の2枚の黒ホリゾントと同じモノを使っているんです。黒バックを取り替えるのが面倒でしたことではありません。トゥルーホワイトを使うと黒い影が出てくれません。
私は、黒バックを使って影を黒く出しインパクトをより強く表現したかったからです。

この「あお」の器。ご興味のある方は、是非会場へお越しいただきご覧ください。
入場は無料です。でも作品は有料です!

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村 美術ブログ 工芸へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ



クリックのご協力をお願いいたします。

■山中写真館facebookページは山中写真館facebookページをご覧ください。
■WORKSの最新情報は、<WORKS>をご覧ください。
■身近なアート情報発信中!<個展・展覧会開催のお知らせ>をご覧ください。
※個展や展覧会、イベント等の開催情報はどなたでも掲載できますのでお気軽にご利用ください。

[PR]
by photo-st | 2014-05-08 15:01 | 陶芸